洗顔で得られる効果

肌にはもともと、皮膚に溜まった老廃物や、紫外線などによって生成されたメラニン色素を排出する力が備わっています。それらは垢となって身体の外に排出されますが、垢を毎日適切に排出するためには、水やぬるま湯による洗顔が必要です。洗顔をきちんと行うことで、肌の清潔が保たれ、肌トラブルの予防につながります。肌の清潔を保つことは、肌本来の保湿機能を高めるためにも必要です。

 

しかし、過度な洗顔はかえって肌の保湿機能を損ない、肌トラブルを誘発することもあるので注意が必要です。

 

たとえば、洗浄力の高い洗顔料を使用する場合、肌の乾燥を悪化させる恐れがあります。また、肌への負担が少ない洗顔料を使用した場合でも、ごしごしこするように洗ったり、熱湯をかけて洗い流したりすることで、肌にダメージを与えることがあります。特に目元など、皮膚の薄い部分には負担をかけないことが大切です。鼻や額など、皮脂の溜まりやすい部分をピンポイントで洗ったり、その日の肌の状態に合わせて、臨機応変に洗い方を変えた方がよいでしょう。洗顔はあくまで、肌が持っている本来の力をサポートするためのものです。

洗顔をしないときの肌の状態

洗顔をしないときの肌の状態は、古い皮脂や雑菌、埃などが付着しており、清潔な肌状態を保つためには、朝と夜にきちんと洗顔することが大切です。しかし、洗顔といっても必ずしも洗顔料を使用する必要はありません。人によって肌状態が異なるため、洗顔料を使用することでかえって肌に負担をかけてしまう方もいます。

 

洗顔をしない肌には、確かに様々な汚れが付着していますが、肌は毎日新陳代謝を繰り返しており、古い角質が剥がれるとともに肌の汚れは落ちていきます。古い角質は水洗いでも簡単に落とすことができるため、ごしごし洗う必要はありません。特に乾燥肌の方は、洗顔料を使用しない方が肌質が改善する可能性があります。

 

しかし、脂性肌の方や、紫外線などによる色素沈着が気になる方は、洗顔料を使用した方がよい場合もあります。また、メイク汚れを落とす場合も、必ずしもW洗顔が必要であるとは限りません。毛穴の中にメイク汚れが残ったとしても、古い角質とともに肌の外に排出されますので、強力な洗顔料を使用するよりも、肌の代謝を高めた方が美肌にとっては効果的です。

朝の洗顔はどうする? 

朝の洗顔は、特に肌の皮脂が気になるような場合でなければ、水洗いだけでも十分です。一般的には、朝と夜のW洗顔が必要であると言われることもありますが、洗顔料を使用した1日2回の洗顔は、人によっては肌を著しく傷つけることがあります。

 

実際、肌荒れの原因の多くが「洗い過ぎ」から来ています。確かに肌には、肌トラブルの原因となる余分な皮脂や汚れなどが付着しています。しかし、洗い過ぎによって肌の保湿に必要な皮脂までが失われてしまうと、かえって肌トラブルを起こしやすくなります。また、肌には様々な菌が存在しており、菌同士がバランスを取って生存しています。洗顔料をむやみに使用することは、菌同士のバランスを崩してしまい、ニキビなどの原因になります。

 

洗顔はあくまでも、肌が本来持っている力をサポートする程度のものだと考えた方がよいでしょう。また、使用するお湯の温度にも注意が必要です。温度の高いお湯で洗うほど肌の保湿が失われるため、朝の洗顔もできれば水を使用した方がよいでしょう。また、洗顔料を使用する際も、なるべく肌に負担のかからないものを使用した方がよいでしょう。

 

女性の肌悩みの多くは正しい洗顔で解決できると言われています。加齢とともに年齢肌といわれる40代以降の女性たちは多くの肌悩みを抱えています。一つでも解消するためにまずは洗顔を見直してみませんか。