間違った洗顔方法が肌トラブルの悪化を招く

洗顔方法の中には間違った洗顔方法もありますが、たとえば間違った洗顔方法というのはどのような洗顔方法なのでしょうか。間違った洗顔方法としては、一時期流行した洗顔の際にブラシを使ってごしごしと泡で洗顔をするような方法です、確実に肌を傷つけていますから、間違った洗顔方法といってもいいと思います。

 

また私も行っていた洗顔方法なんですが、洗浄力の強い石鹸でゴシゴシ肌をこすっていました。特に小鼻の周りのいちご鼻が気になっていた時は、集中してゴシゴシしていたように記憶しています。強い洗浄力もゴシゴシも間違った洗顔方法の一つなんですよね。

 

最近では、W洗顔不要のクレンジングが人気を集めています。
商品で言いますとマナラホットクレンジングやフィトリフトホットクレンジングジェルなどです。一時期は、まずクレンジング剤でメイクをしっかり落とし、洗顔で余分な皮脂を落とすのが一般的でした。W洗顔は当たり前だとされていました。でも、今はW洗顔は肌に負担をかけるから良くないと言われています。

 

 

毛穴やニキビをきにするあまりの、取りすぎこそが肌トラブルの原因なのです。


正しい洗顔の仕方

正しい洗顔の仕方を覚えて間違った洗顔方法を改めていきましょう。

 

洗顔料は泡立てて使用することが多くなってきています。ネットで泡立て作った泡を肌に馴染ませるだけで汚れを浮き上がらせる効果があります。特に、よく泡立てた洗顔料は肌に密着しやすく、余分な皮脂も吸着させて、効果的に排出できます。

 

そのため、洗顔の際にこする必要はまったくありません。それよりも、密度の高い泡を作るため、泡立て用ネットを利用して泡をたくさん作りましょう。泡を顔にのせただけで本当に落ちているのか心配にはなりますが、確実に汚れもメイクも落とせています。

 

ただ、洗顔料により、洗顔の際には、事前に顔をぬるま湯で濡らしたほうがいい場合もありますが、乾いた肌に使う場合などもありますので、購入した商品が届いた時に一緒に入れてある冊子や説明書をしっかり確認しましょう。

 

また、洗いたい箇所ですが、皮脂の多い額や鼻を中心に洗いましょう。そして皮膚の薄い目元や口元は肌が荒れやすいので、特に優しく洗いましょう。美容洗顔石鹸を使用することで洗うだけで美容成分も確実に肌に作用していきますので、毎晩、もしくは毎日朝晩洗顔をおこなっていきましょう。

 

更に一日何度も洗えば効果が出そうな気もしますが、肌に負担となりますので、夜のみ、もしくは朝晩の洗顔で十分です。

 

 

 

正しい洗顔方法のコツ

正しい洗顔方法は、泡で洗顔をします。たっぷりの泡を作って包み込むような感じで泡をやさしく顔につけて洗顔するという方法が正しい洗顔方法です。この際、時間をかけてキメの細かい泡を多く作ることで手が肌に付くことがなく摩擦を避けられます。直ぐに消えてしまうような泡ではなく濃密な泡が作れるようになっている石鹸がほとんどとなっています。

 

そして、洗顔方法の中には、顔を拭くという工程も含まれているのですが、顔を拭く場合にはゴシゴシとタオルで拭くのはNGです。顔にタオルを当てて水分を吸わせるといった感じで拭くというのが正しい方法です。

 

正しい洗顔方法を実行するだけで肌が若がるとも言われていますからぜひ試してみて下さい。

 

女性の肌悩みの多くは正しい洗顔で解決できると言われています。加齢とともに年齢肌といわれる40代以降の女性たちは多くの肌悩みを抱えています。一つでも解消するためにまずは洗顔を見直してみませんか。