日焼け止めクリームは、紫外線をカットするために使うものとしてまず考えるものといえます。近年では、紫外線をカットする作用があるという服もたくさんあります。合成成分を肌につけることで、クリームは紫外線を吸収したり散乱させたりします。クリームだけでは不安な場合や、皮膚に薬剤をつけたくない人におすすめです。大きく分けて2種類の効果で、紫外線は皮膚に届く前にカットされます。加工のしかたを変えるか、素材の選び方を変えるかで、紫外線カットが可能です。加工段階で紫外線カット効果を付与するものとは、紫外線吸収剤をでき上がった製品や、製品一歩手前の素材に塗布することで、紫外線カットの効果を持たせることです。紫外線をカットする効果は、加工段階で紫外線吸収剤をつけるタイプのほうが、染めるタイプよりも継続的な効果が乏しいとされています。紫外線カット効果がある素材を製造し、加工する方法では、国が認めた有機溶剤を材料に練りこんだり、繊維をつくる時にセラミックやカーボン線維を使います。使い続けていても紫外線をカットする性能が低下せず、洗濯機にかけても紫外線カットの成分が失われないことが、紫外線カット素材を使うメリットです。レーヨンや、ポリエステルを用いて、紫外線カット素材を製造します。化学繊維を含む素材でなければならないので、例えば綿100%の紫外線カット製品はありません。

 

女性の肌悩みの多くは正しい洗顔で解決できると言われています。加齢とともに年齢肌といわれる40代以降の女性たちは多くの肌悩みを抱えています。一つでも解消するためにまずは洗顔を見直してみませんか。